お知らせ

人気カリモク「コロニアル・シリーズ」のボール・キャスター仕様が変更です。
キャスター・ヘルメット(カバー)色が「ブロンズ」⇒新仕様「ブラック」となりました。
環境に配慮し、製造工程改善でヘルメット色が変わったとのことです。
販売中のダイニング椅子は下記の通り品番が変わり、現在生産分は全て「ブラック」ヘルメット・キャスターです。

●コロニアル肘付椅子(キャスター付)品番(旧)WC0330→(現)WC0331
●コロニアル肘付椅子(キャスター付)品番(旧)WC0370→(現)WC0371
●コロニアル肘付椅子(キャスター付)品番(旧)CC0650→(現)CC0651

■『キャスター交換』修理について■
・1脚4個は全て交換をオススメ致します。異なるキャスター色が混在するとかなり目立ちます。
・山川家具にはまだ数脚分の(旧)ブロンズ・キャスターを在庫しております→ブロンズ色で交換修理依頼はお早めに!。

■年末のキャスター交換・座張替の修理受付■
コロナ禍でお客様からご愛用家具修理の依頼が、当社にも春から例年の2倍ほど戴いています。
ご自宅で暮らしやすい環境に改善を希望するお客様が増えたのだと思います。
ですが
●カリモク工場での座板張替修理
・既に年内納品分は作業量を超え、受付終了しています。これから修理受付分は2021年以降の納品です。
●山川家具での修理
・年内修理完了のご希望:12月6日まで受け付け分は出来る限り間に合わせ致します。御相談並びに御依頼をお待ちしております。
※椅子組み直しやバネ交換、カリモク・オリジナル生地張替修理等は別途ご相談です。
修理のお問合せは電話・FAX・お問い合わせでお受けしております。

▲(旧)「ブロンズ・ボールキャスター」

▲(現)「ブラック・ボールキャスター」

2,3月は引越シーズンで家具修理のご依頼が多くなります。
修理部品は取り寄せることが多いので早めの2月中にご依頼ください。

ダイニングチェアのキャスター取付方法は一般に3通りあります。
(a)ネジ込み式
(b)ソケット式
(c)プレート式
で、特に「プレート式」の修理依頼が最近急に増えました。

修理の見積ご依頼の場合は
1)椅子の写真(前、横、後)
2)キャスター部分の写真
3)製品の名前など書かれたシール
4)座裏か後のメーカーマーク・シール
をメールに添付戴けますと修理相談内容を当社担当がわかりやすくて助かります

●詳しくは「ダイニングチェアのキャスター交換」をご覧ください。

今年も、カリモク肘付椅子のキャスター交換修理依頼が増え始めました。
冬の寒さが厳しくなる時期に写真(左)のようにキャスター割れが発生します。
写真(左)は写真(右)の新しいキャスターに交換ができます。
このボール(球)キャスターは「カリモク・オリジナル品」です。
ホームセンターや金物店ではこの「オリジナル品」ボールキャスターの取り扱いがありません。

キャスターメーカーの普及品との違いは
●キャスター軸のネジ径やピッチが異なります・・・椅子への取り付けは難しいです
●一般品のカバーはシルバーです
また、ご購入時期によって椅子キャスターの仕様も異なります。

年末は特にキャスター交換作業の依頼が多くなり、作業が混みあいます。
山川家具では、この時期はボールキャスターを在庫しておりますが、修理交換はお早めにご依頼下さい。
修理の御相談はこちらまで
※カリモク以外のメーカーもキャスターには複数のタイプがあります。ご相談をお待ちしております。

●主なボール・キャスター付き椅子●